SessionHandler::write

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7)

SessionHandler::writeセッションのデータを書き込む

説明

public bool SessionHandler::write ( string $session_id , string $session_data )

セッションのデータをセッションストレージに書き込みます。 リクエストの終了時や session_write_close() を実行したとき、そして session_register_shutdown() が失敗したときにコールされます。 PHP は、このメソッドの返り値を受け取るとすぐに SessionHandler::close() をコールします。

このメソッドは、このハンドラが session_set_save_handler() で設定される前に ini 設定 session.save_handler で定義されていた PHP の保存ハンドラをラップします。

このクラスを継承して拡張する場合は、親の write メソッドをコールすればこのメソッドのラッパーを実行でき、それに付随する内部コールバックも実行されます。 こうすれば、メソッドをオーバーライドしたり処理を横取りしてフィルタを追加したり (親の write メソッドに送る前に $data を暗号化したりなど) できます。

このメソッドに関する詳細は、 SessionHandlerInterface::write() のドキュメントを参照ください。

パラメータ

session_id

セッション id。

session_data

エンコードされたセッションのデータ。 これは、PHP が内部的にスーパーグローバル $_SESSION をエンコードしてシリアライズし、それを渡したものです。 セッションが使うシリアライズ方式は、通常のシリアライズとは別のものであることに注意しましょう。

返り値

返り値 (通常は、TRUE が成功そして FALSE が失敗を表します)。この値は PHP で内部的に処理されるものであることに注意しましょう。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top